ディバティブ市場とは??

初心者でもわかりやすくデリバティブ市場のこと

ディバティブ市場とは?? header image 2

コールオプションとプットオプション

2014年10月24日 · コメント(0) · 未分類

“取り引きにおけるイメージについてですが、例えば原資産が1万円で取り引きされているときに、権利価格が1万円のものが500円で売買されているとします。このとき、上昇を予想するのならば、一つの方法としてコールオプションの買いがあります。もしも上昇して1万2千円までになった場合には、権利価格の1万円で権利行使をすれば1万円で買うことができます。ですから、市場価格の差の2千円の利益を得る事ができ、売買価格の500円を差し引いた1500円が利益となります。
上昇を予想した場合にはプットオプションを売るという方法もあります。500円で売れば、その時点で500円の利益が発生します。そして、予想通りに上昇すれば権利を行使されることはありませんから、精算日には何もしなければ良いと言うことで、最終的には500円のプラスとなります。
ですから、全体的なイメージを持つのならば、上昇を予想したときにはコールの買いかプットの売りです。下落を予想した場合にはこの逆になりますから、コールの売りかプットの買いが利益を得るための方法だと言えるでしょう。価格変動がないと予想すればコールもプットも両方売るという方法も考えられます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。