ディバティブ市場とは??

初心者でもわかりやすくデリバティブ市場のこと

ディバティブ市場とは?? header image 2

金利変動リスクとは

2014年10月24日 · コメント(0) · 未分類

金融市場は色々なものが影響されますが、その中でも大きな影響を与えるのが金利です。例えば、市場全体の金利が上昇すれば債券の価格は下落します。なぜかというと、債券価格は債権の利回りの減少関数となるからです。市場の金利が上昇すれば、それに合わせて債券の利回りが上昇しないと債券の魅力は失われるでしょう。債券によるインカムゲインは発行された時点で決められていますから、利回りを上げるためには価格が下落するしかないのです。
また、金利は資金調達コストとなりますから、金利が下がれば資金調達がしやすくなります。例えば不動産の取り引きをするときには借入をすることが多いですから、金利が下がることによって資金調達コストが下がり、それによって不動産の買い需要が増えると考えられますから、これによって不動産価格が上昇すると考えられます。
金利は様々な市場に影響を与えるのは、このような事によって分かるでしょう。一般的に金利が低下すれば債券が売られ、株式や不動産は買われます。このようにして金利は色々なものに影響を与えるのですが、このような金利が変動することによって価格が変動するリスクのことを、金利変動リスクと呼び、あらゆるものに存在するのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。