ディバティブ市場とは??

初心者でもわかりやすくデリバティブ市場のこと

ディバティブ市場とは?? header image 2

金利スワップの仕組み

2014年10月24日 · コメント(0) · 未分類

スワップ取引と言えばFXなどで外国為替の通貨を購入してそれにプラスされる日々の金利の事を言います。日本人は良くオーストラリアドルを購入いたしますが、このオーストラリアドルはそうしたスワップが高く1日に1万通貨で80円近くもらえていました。これが10万通貨でしたら800円と1日通貨を持っているだけでそれだけの金利をくれるので投資としては良いと思います。しかし為替変動リスクについては、1日に1円動いてしまえば1万通貨の場合は1万円マイナスになったり10万通貨ならば10万円マイナスになってしまいます。そう考えれば130日ほど持っていれば1円の変動でも利益が出る計算にはなるようです。1円なら良いのですがそれだけ長い期間通貨を保有していれば5円動いたりは日常茶飯事でしょう。ですのでリスクヘッジをするのであれば違う通貨を購入して均等を保てばスワップの分利益がでると考えます。なかなかその均等も難しいので投資かも頭を悩ませてしまうのでしょう。金利スワップの仕組みはこの様にFX業者が立て替えて購入して受け取った金利も返すような流れになります。投資方法もナンピン買いやドルコスト方など色々あります。その辺りは勉強して望みたいです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。