ディバティブ市場とは??

初心者でもわかりやすくデリバティブ市場のこと

ディバティブ市場とは?? header image 3

初心者でも分かるデリバティブ市場

まずデリバティブとは、金融派生商品のことで、株式や債券、為替といった金融商品から、派生した取引に付けられた名前になります。英語では、Financial derivative productsといいます。
そのデリバティブの主な商品は、先物取引、先渡取引、スワップ取引、スワプション、オプション取引、などがあります。
これらの金融派生商品は簡単にいえば予約の一種で、近い将来に商品を売買する為の権利になります。
しかも、その売買を有する権利においても、実際の商品の価格ではなく、いわゆる差金のみを対象にして取引するところにデリバティブの特性があります。
デリバティブは、実は日本から生まれた取引であるといわれています。
江戸中期、吉宗の時代に大岡越前が大阪堂島の米公所に米の先物取引の認可を与えたのがデリバティブ市場の発祥と言われています。
株式市場では度々極端な暴落の原因としてヘッジファンドによるデリバティブ取引が話題になりますが、本来の役割はリスクヘッジにあります。江戸時代の先物取引でも農家の暮らしを安定させることが主たる目的でした。
豊作の年は米価が急落するので、農民たちは米を作りすぎても日々の生活費を得られず、困窮しますし、逆に、天候の変化などで凶作になれば食べる物に困ることになります。
そこで将来収穫される予定である米を、相場で決まった価格で売買する先物取引は、農家の暮らしを安定させる上で経済合理的な仕組みでした。
現在のデリバティブも基本的には様々な取引のリスクヘッジのために存在しています。